長さ 笠径 重さ(一対、2個一組合計)
約19cm 約5.4cm 約214g

通常タイプの仏壇の場合、ほとんどの宗派で使う仏具です。
仏壇の屋根の部分から一対ぶらさげます。
1対だけでなく、何対もさげることもあります。
たいていのお客様が、この商品名をごぞんじなく『仏壇からさがっているきらきらしたかざり・・・』とか言われますが、『ようらく』よいうのが本名です。
ヨーラクとカタカナで表記される場合も見受けます。
このページに掲載していますタイプは、もっともポピュラーに使用されています形態の瓔珞で細かく分類すれば隅瓔珞と呼ばれる種類です。
浄土真宗大谷派(東本願寺)の場合は別形式の『輪灯瓔珞』というものを用います(より正式な形態でお祀りされる場合)。

このページの商品は、生地が真鍮製でできており表面に本金メッキ加工がなされています。
本金メッキですので輝きが長持ちします。
小型の仏壇などに用いられることが多いサイズです。

一対(2個一組)の価格です。

清楚に透明の玉で通してあります。

  • 朝日小学生新聞連載ビデオ講義

【返品不可】 真鍮製 瓔珞(ようらく) 本金メッキ 透明玉通し 小-その他

【返品不可】 真鍮製 瓔珞(ようらく) 本金メッキ 透明玉通し 小-その他

MENU

閉じる